歴史的建造物の診断と補強マンションを購入

自己資金は、私の300万円と実家を売った手残りの1,700万円。
定していた1,000万円は老後資金や生活を楽しむ費用に充ててもらうことにして、資金計画をたてました。
ローンは1,900万円で済むことになりましたので、当初両親が自己資金として予前述のフラット35の全期間固定で計算してもらうと30年返済で月47万円·ボーナス返済はなし。
ボーナス時期に、地代を半年払いで支払います。35円×6カ月で18万円です。
所有権ですと土地の固定資産税が必要ですが、土地のリースですと土地の固定資産税は地主さんが支払ってくれます。
※「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(2009年平成21年6月4日施行は、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、に係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。
環境への負荷を低減するとともに、建替え長期優良住宅に必要な条件耐震性地震に強く、倒壊しにくい安心の家耐久性能(劣化対策)構造や骨組みのしっかりした長く住める家維持管理?



マンションに移り住むケース
更新の容易性メンテナンスの容易な家住戸面積必要な広さが確保された、暮らしやすい家省エネルギー性地球にやさしく、家計にもやさしい家居住環境地域のまちなみと調和した家
維持保全(維持保全管理、住宅履歴情報の整備)住まいの履歴書付きの、長く快適に住み続けられる家※長期優良住宅のメリット1住宅ローン減税の拡充3登録免許税·不動産取得税·固定資産税の軽減2投資減税型の特別控除借り入れがない場合でも所得税控除詳しくは、国土交通省のHPからご確認ください。
フラット35S住宅ローン金利優遇【フラット35]S優良住宅取得支援制度とは、【フラット35】申込者が、省エネルギー性、耐震などの要件を満たす住宅を取得する際に、【フラット35】の借入金利の優遇を受けられる制度です。
フラット35の最新情報は。
両親の反対!横山さんとの出逢い。
父親が土地のリースを理解してくれるか?不安でしたが、案の定「所有権でないと財産価値がない」。
厳しい口調で言われましたが、これぐらいであきらめるわけにはいきません。

リフォームでももちろん

マンションの役員の方が多いと思い母親も「あなたに何かぁったら、家族はどうするのよ」と。
営業の菊地さんに相談したら、ご両親に横山さんに会ってもらうのが一番です。
早速、両親とお邪魔すると、横山さんは家庭菜園で作業中。
と、いって、土地のリースで家を建てた横山さんを紹介してくれました。

我々がこんにちは。
伊藤です。今日はよろしく願いしますご挨拶をすると、ウッドデッキで21時間ほどお話しをお伺いしました。
と、手を休めて麦わら帽子をとってこんにちは横山です。
こちらこそよろしく!と笑顔で挨拶を返していただきまた。
そして、伊藤:土地のリースで家を建てようと検討している伊藤です。
両親と妻と息70家族全員でお邪魔しました。
今日は、よろしくお願いいたします。
それから菊地さんから、私は伺えませんがよろしくとの事でした。
横山:そうですか。菊地君がいないなら、菊地工務店の工事についてもはっきり言っちゃいますよ。何でも聞いてください。
それに、妻もおりますので、我が家自慢の野菜を食べていってください。
伊藤:横山さん。早速お聞きしたいのですが、土地のリースで家を建てるという事に抵抗はなかったですが?
横山:それは、抵抗がありましたよ。この制度が始まったばかりでしたし、我が家は娘2人でしたから、先々のことも考えて悩みましたよ伊藤:現在はどのように考えていますか?
横山:大満足!
最初は、娘たちに土地という財産を残してあげたい。
マンションを数多く手がけてきました都内

マンションやオフィスビルの目的そういった思いは強かったですから、財産価値のない土地のリースを選択することには抵抗がありました。
しかし、色々悩んでいるときに、娘たちから私たちに、資産を残さなくていいよ。その分夫婦で人生を楽しんでねと、劼れてすっきりしました。
土地を買ったつもり資金で人生を楽しむ
人生を楽しむ為にお金を使う。
土地は買わない。
そう決めた時から急に人生が楽しくなりました。
早速、土地のリースで家を建てました。長年マンション暮らしでしたから、庭付き一戸建てに引っ越した夜は嬉しくて眠れませんでしたよ。
土地は70坪ですが、夢だった家庭菜園を造ることが出来ました。20年越しの夢でしたから本当にうれしかったです。
地主さんから、もともと畑だったから土は肥えていると聞いていましたが。
確かに土を掘るとミミズがいっぱい出てきて本当にうれしくなりました。
野菜作りは、市民農園を借りて10年ほど経験してきましたから引っ越してからすぐに家庭菜園を始めました。収穫したものは娘に届けています。孫は沢山食べて「おじいちゃんの畑の野菜は何でも美味しくて、も食べられる」と、言ってくれます。うれしくなっちゃいます。今、孫のためにスイカも造っています。
この暮らしは、土地のリースで家を建てたから実現できたと満足しています。
伊藤:横山さん·2世帯住宅は検討しなかったんですか?
横山:2世帯住宅は、検討しませんでした。我が家の間取りは、老人同居型にしてあるんです。

施工会社選定のための補助業務を終え

82歳の義母が一人暮らしをしていますので、早めに、一緒に住みたいと考えています。
義母も家を売る準備をしてくれているので、もうすぐ我が家も二人暮らしから一人と1匹増えて、3人と1匹での生活になります。
伊藤:土地のリースで家を建てた事について、娘さんは何と言っていますか?
横山:土地を買ったつもり資金で、娘家族との旅行を楽しんでいます。二人の娘とも良い選択をしたと言ってくれます。
チャッカリ屋の次女は、土地を残してくれるより、お金の方が嬉しい。それよりもうれしいのは沢山の両親との思い出。なんて、上手いことをいいます。
その後、何を言うかと思ったらお父さん、お母さん。この次はグアムねって、隣で娘のだんなも申し訳なさそうに笑っています。その姿をみてみんなで大笑い。
なんでそんなわけで土地のリースには、娘たちも大満足です。
伊藤:大変失礼な質問で申し訳ないのですが、奥様は、ご主人にもしもの事があった時のことを心配されませんでしたか?
横山妻:心配しましたよ。主人に、もしものことがあると、遺族年金で地代の支払いをすることになりますから。
一年で3万円×12カ月=36万円。10年で360万円。
それでも、その分は保険で対応すればよいと気軽に考えることにしたのです。
クリスマスイルミネーション情報

省エネ性では世界で一番とされていが核

家に泊まることはあまりありません家に帰土地のリースの場合は、中古で買う人がいるかしら。という疑問も頭に浮かびましたが、売ることが出来なければ、それよりも、主人が住宅ローンに縛られて、趣味も出来ないという方が私は嫌でした。
土地のリースで家を建てる事で、実現した、笑いの絶えない楽しい生活に満足しています。
家を壊して地主さんに土地を返せばいいと考えたのです。
父親の夢を知って母はビックリ!
横山:伊藤さんのご両親は、土地のリースについて、どのように思われていますか?
伊藤父:横山さんが考えられたように、我々夫婦も同じように土地を財産として息子に残してあげたい。
しかし、今日の横山さんのお話をお聞きして、息子夫婦が考えていることが理解できました。
その為に力を合わせて、ローンを返していくことは当たり前だという考えでした。

私は家庭菜園で野菜を育ててみたいという夢を持っていますが、妻にも話したことがありませんでした。
それは、実現不可能だと思っていたからですが、土地のリースなら実現できるかもしれないと、今、ワクワクしています。
伊藤母:私もすっきりしました。土地を買わずに人生を楽しむっていいですね。残念ながら私は、これといった趣味はありませんが、耳でした。