膣にもディルドが入っているから

オナニーは?ああいやぁダメ

人妻デリヘル嬢·中島智美さんが
廊下の突き当たり奥にはシャワールームがある。私の指定された個室は、奥から2つ目。ゆっくり薄いドアを開ける。パアーッと、オレの目の前に、お花畑が広がった。超ミニのキャミソール姿で、目鼻立ちのハッキリした今どきの女のコが立っていた。個室、生肌ドキドキしてきた。「60分コースで大丈夫ですよね」「はい」私は、いきなり、取材を忘れそうになっていた。

エッチしている作品も少なくないとか……
「みさきちゃん、よろしくね」小太り店員が、個室から、急ぐように出て行った。個室に2人きり。3畳ほどの個室に置かれた簡単なベッドが、生々しい。いまにも零れ落ちそうな彼女の巨乳。さすが、オーナーや店員が、進めるだけのバスト92である。しかも、19歳。熟女好きの私でも、見ているだけで、嬉しくなってしまうのは哺乳類の性か?薄い壁の隣からは、別のヘルス嬢のアエギ声が、かすかに聞こえてくる。なんとも、淫靡な空間だ。

 

セックスしたいものです

だが、性のマニュアルというのは太古の昔から存在している。いつの時代でもみなエロには興味津々だったんだろう。特に、化され、世界最古の性典といわれるインドの『カーマ·スートラ(愛の経典)』は、日本でも一気にその名をはせた(実は永井豪も漫画化している)。数年前に映画原典は、紀元前6世紀にバラモンの経典学者12人によって編まれ、それをもとに4世紀ごろ、ヴァーツヤーヤナという宮廷詩人が編集したといわれている。華やかな王朝文化を背景に、もっとも人間的である性愛行動についての奥義が描かれ、その中身といえば、「男はリンガ(男根)の大きさによって、ウサギ男、ウシ男、及びウマ男と三つに分類できる。

デリヘル嬢は乳首を吸われ軽く噛まれた後に鈴付きのクリップを挟まれる
女もヨニ(女陰)の深さによって、雌シカ、雌ウマ、及び雌ゾウに分類できる」と冒頭から強引にとばしている。雌ゾウってなんなんだもともとヒンドゥー教は性におおらかな宗教だったようで、カジュラホ-という村にある、ダイナミックにエロを楽しむ人々(動物参加も有)を描く緻密で莫大な彫刻群は、観光客に大人気だ「カーマ·スートラ』は、概論、セックス術(ごていねいに処女、妻、不倫相手、遊女とわかれている)、それから具体的な愛の秘法についての記述からなる。これらが誘惑の術から具体的な方法論まで7つの章にわかれていて、ひとつの章はさらに50項目にわたって詳細に技巧を説明。体位は8つの基本形と19の応用形がある。だが、内容自体はけっこうマジメである。

 

風俗こそが主流なのだと思っていたんですが

プルル「はい!何だって??」2コールも鳴らずにすぐに電話にでた。「あつハルカ、ごめん今まで電話してて……」「うんいいから早く結果教えて!」「あ、うん。一応ヤスに聞いたけど彼女はいないんじゃないかなぁって言ってたよ!」「本当?嘘じゃなくて?」「うん!それにヤスが好きな人が言ってることなら信じろってさ!」「……だって、でも疑いたくもなっちゃうよ」ハルカの声が弱々しい。「そうだよね……けどさ、ハルカの運命の相手なんでしょ?だったら絶対大丈夫だよ」」またハルカが泣いてしまった。「ハルカ大丈夫?今回週末会えないのは本当用事があるんだと思うよ……」「ううそっかなぁ」「うん!そうだよ!2人はちゃんと恋人同士なんだから」」「ありがとう」ハルカに伝わったのかなあ……?「うん」私はいつでもハルカの味方だからさぁ「マジ嬉しい」「うん冫」そして電話を切った。そして1人いろいろ考えた。ペニスが委縮していて時間をかけてもなんかみんなすごく羨ましいくらい素敵な恋愛をしているハルカは惚れぽいけど好きになったら一途なとこ、綾ちゃんもツッチーとそして初めて聞いたヤスの過去。それに比べて私誇れるくらいの恋愛なんてなかったよ……。だけど今もしこのドキドキがヤスに対しての本気の気持ちだったらみんなみたいに本気でぶつかりたいなぁ。·緒にいる時のあの幸せそうな笑顔。翌朝私が目を覚ますと横には綾ちゃんが眠っていた。