愛撫と言ってもいい動きで触れているのに

エッチじゃないじゃん

JKデリヘル嬢の数まわりにすばやく目線を配り
そして、まずは現地余談だが、日本人の女は外国ですごく人気があって、高く売れるんだ。同じアジア人でも、中国人とちがって人口が少ない、リカ式の家に住んで、フランス料理を食って、日本人のワイフを持つっていうのは、ステイタスとして世界的に浸透している。だれを垂らす奴も多い。要するに、ヴィトンだエルメスだっていうのと同じ、「日本人の女」というブランドなんだな。という稀少価値もあるらしい。それに、アメ日本人の女っていうだけでありがたがってよさて、そのうち売られてきた女が精神錯乱だっていうことがばれると、客がつかなくなる。状態がどんどんひどくなって、もボロボロだったりする。

膣の付近に俺自身を向かわせた俺は片手で娘の腰を引き
でも見た目は一応健康体に見えれば、今度は現地の臓器売買業者に売り渡される。性病も持ってたり、クスリのせいで肝臓なんか業者は麻酔をかけて、肝臓、腎臓、角膜、その他売れるものは全部取ってしまう。そして、ズタズタにされた死体はゴミのように捨てる。これでその女の一生はおしまい。悪いヤクザに捕まるまでは、健康で、明るい未来を夢見たりもしていただろうに。売られ売られて行き着いた遠い異国の地で、体を切り刻まれ、誰にも見守られずに殺され、捨てられるという、哀れとしか言いようのない末路だ。

 

エッチの話をしていい

俺の警察手帳が本物かどうか、蛍光灯に透かして見たり三度目は二九歳の時。任務で行った先の交番で、なんと同じ警官に訴えられた。交番の書類棚をあさって、捜査に必要な重要秘密書類を見ていたところ、奥で寝ていたその交番の巡査が起き出してきて、大口論になったんだ。それで、不法侵入やなんやらで検挙される目に遭った。まったく、俺よりも、勤務中に寝てる警官のほうをどうにかしろよな。

デリヘル嬢お尻の中を出入りしていたものですから
この件については、前の章で詳しく紹介してある。-転校の度にケンカでのし上がった学生時代ここでちょっと、俺自身について話そう。俺の父親は内科医で、勤務先が変わるたびに引っ越しを繰り返し、俺は何度も転校することになった。新入りっていうのはやっぱり目をつけられる。転校初日に呼び出され、殴りかかられるのはザラだった。

 

セックスしたいと思った

こんなに大胆な体勢は過去のセックスではした事が無い。アリスはヘルス嬢になってからアンダーヘアを短く揃えているTバックからはみ出す部分は脱毛に通って今では殆ど毛が生えて来ない。ツルツルにしようかと思ったがそこまでするのは少し気が引けた。以前に佐藤も全く毛が無いのはちょっと魅力に欠けると言っていた。「ああっ」アリスは思わず声を上げる。最初の一舐めは未だに慣れない。ソープランド佐藤は舌づかいが上手いので油断をするとソッチに気を取られて自分がペニスを舐められなくなってしまう。「あんつ、佐藤さん手加減をしてね。じゃないと舐めるのが、ああ、あん3ビリリと電流が走ったような感覚がある。アリスは思わずのけ反って腰から背中のラインをくねらせる。集中しているつもりなのに大切な部分を舐められるとやっぱり弱い。