風俗取材まではしたくないと思っている

「裕ちゃん」ホテル行こう「おー行くぞそして裕ちゃんもヤスを無視し2人でホテル街へと消えて行ってしまったその目の前でヤスもボーッと立ったまま、「ごめん!追いかけるよ!!」私と目が合った。「えっ、でも友達」...。心配して損した」「うん、彼女が悪いから仕方ない」「実花、1人じゃ危ないから送るよ」「いや、大丈夫。タクシー拾うから」「じゃあ、タクシーいる所まで危ないから送るよ!」「あ、ありがとう」そして私とヤスは2人、駅の方に向かい歩いた。途中、何度かセフレに電話してみたが繋がらなかったうんダメだ駅に着いた。何台もタクシーが停まっていた「ありがとう。

エッチだなあ


セックスしている

>JKデリヘル嬢の声を聞い服を脱ぐよう指示するおやすみ」私はヤスに御礼を言いタクシーに乗り込んだ。その時だった。財布から1万円札に何か書き私に渡した。「これ、今日嫌な思いさせちゃつてマジ悪かった!タクシー代に使って」「えっ」いきなりのことにビックリしているとヤスはそのままタクシーのドアを閉め歩いて行ってしまった。渡された1万円。.。悪いことさせちゃったなぁ」私は1万円札を見た。するとそこにはケータイ番号と走り書きで「ごめん」の文字が書いてあった。


奴隷プレイになったの

セックスの深みにどんどんはまっていってしまうタイプの人間なのだ

膣内に侵入し「じゃあ月にいくらもらってるの?」「へえ?あんたの親は頭悪いの?」それを聞いて私もビックリした。「実家金持ちなの?」「親は金持ってるから」だから働かないの??」「じゃあ今日買った制服の金も??」「そうですよそれは別にもらって」「はぁ?30万円以外にももらってるの?」はい必要に応じて」「ふーん。じゃあ金だけ渡されてそれで満足なの?」彼女が聞いた。少し寂しそうに言った。「へえーすげーうらやましいけどつ私は言った「全然うらやましくないよ、結局金だけ渡してその金をどう使おうとかまで興味はないんだよ親は」「どういう意味?」私は聞いた。だから金だけ渡して満足してるって事。ソープの時はお店に親からしたら橋本になんて興味ないんだよ」橋本がうなずいた。「家で親と会話するのはお金をもらう時くらいです。それ以外で話しかけると嫌な顔されるし」私にはわからなかった。「親からしたら恥なんだよ」彼女がボソッと言った。「本当そうですよくお前はこの家の恥だって言われました今はもうそれすら言われなくなりましたけど」「親がそんな事言うなんてひどすぎる」私は橋本の話を聞き悲しくなった。「実花は幸せなんだよ。


オナニーオプションをしていないという

「でも私は」「なんだ?1日に30人でも客を連れてこれるのか?」「30人?」そんな無理なこと.社長は楽しそうに言うと笑った。「あはははっ!無理だよなぁ?それに連れてこられてもヒマな女は綾しかいないからなぁ!」その言葉にさすがに私もイライラした。「はぁ?セフレはね!本指名のお客さんたくさん居るんだから!!」私は社長をにらみつけ言った。するとまたニヤリと笑う。「本指名?あーそういえばさっき綾の客きたけど、ゆりか指名になったぞ」「えっウソ??」「本当だ!新しい女の子が増えて良かったって言ってたよ!」私はその言葉に何も言い返すことができなかった。「まあ、とりあえずお前も金に困ってるだろうからちょっとの間だけキャッチで雇ってやるよ!ただしなぁ、「はぁ??」「お前ならできるだろう?」私は悔しくて悔しくて「はいそんなの余裕ですけど!」私は強気に言い返した。

バイブを咥えていたまた

ヌメヌメと根本から舐めあげてくるねっとりした動きだ射精が続くほーう!!いいねぇ~じゃあ頼むよ」その私の言葉を聞いて楽しそうに笑った。「じゃあ」私はもう駅に行こうと思った。すると社長はまた言った。「いいかぁ?これからは綾にもノルマを与える!1115人以上。それをクリアできなければクビだ」「はぁ?セフレも?」1日でも15人のノルマを達成できなければ即効クビだ!」「そりゃそうだ!使えない商品は置いていてても無駄だ」「マジむかつく」私はボソっと言った。「あ、それから綾の稼いだ売り上げから彼女の借金を返済していくからな!」「えっ?意味わかんない!!」「何言ってんだ!仲のいい親友なんだろう?だったら逃げた友達の分を返すのは当たり前だ!!」15ざけんな!!」「はぁ?お前そんな口聞いていいと思ってんのか?」「関係ねーよ!!」私は言い返す。