部屋の空気を均一に保つ

返済計画書によると、借入先は住宅支援機構旧住宅金融公庫フラット35、返済期間は30年の全期間固定型で月々の返済は、月々11万円とボーナスでの返済は年2E17万円。
ありました。
営業の方の「月極め駐車場の費用は、発電した電気を電力会社に売ったお金で賄えますよ」という言葉はインパクトがこの提案なら予算内に収まりそうです。
いませんでした。
しかし、建て替えとなると、両親の往復の引っ越し代と建築中の家賃もばかにならない。
両親が愛犬ソックスと仮住まいする貸家が近くにあるのか?という疑問は解消されて実家を売って、新たに土地を購入して建築するブラン岩宗:伊藤さん次に検討したのは、どちらの方法ですか?
伊藤:実家を買い替えるというのを検討しました。
最初に、土地の購入について、してくれました。

家の躯体を良好に保つため

地域の不動産業者に聞いてみました。
業者は駐車場3台と考えると敷地面積60坪は必要となります。
このあたりの土地の価格は坪60万円なので3,600万円の予算は必要ですと。
説明合わせて、両親の土地建物が売却できる価格を聞いてみると。
「家の価格はゼロとしても1,800万円位なら買い手がありますよ」とにこやかに話してくれました。
人のよさそうな不動産業者さんで助かりました。
建物の費用を住宅メーカーに聞いてみると2階建て二世帯住宅ですと、外構·造園工事費など付帯工事費用を含めると概算で3,500万円その他、土地を購入する為の不動産手数料、不動産取得税、登録免許税で200万円ほど必要となります。総額で7,300万円。
実家を売却した1,800万円から不動産業者の手数料65万ほどを引くと、1,735万円が手元に残ります。
(税込)の予算は必要との説明ですから土地建物で7,100万円。
この金額から売ったことに対する税金を引いた残りが本当の手残りですが、調べてみて税金はかからないことが分かりました。
そして、幸いなことに、実家の住宅ローンは退職金で返済済みでしたから1.735万円が手残りとなります。

この売却可能価格を告げると、両親は共稼ぎで一生かけて趣味も我慢してローンを返済してきて残ったのは、買い替えを選択する場合は、自宅を売ることを了解してくれました。

 

その提案の意味は重い促等君建築

家を建ってしまうと見えない部分でもあるLEDイルミネーション

30坪の土地と古くなった家だけ!返済に追われて海外旅行すらしたことがない!と嘆いていましたが、買い替えでの資金計画岩宗:買い替えでの資金計画はどうなりましたか?
伊藤:自分の自己資金300万円と、実家を売った手残り1,700万円と両親の自己資金1,000万円を合わせて、3,000万円を頭金として、4,300万円を住宅ローンで組む事になります。
30年ローンを組むと、月々の返済は月々13万円でボーナス時20万円。この程度なら夫婦で働いて、両親が元気なうちはローン返済の応援もして貰えれば大丈夫です。
しかし、心残りは全体予算を抑えるために、エコ住宅をあきらめた事です。太陽光発電搭載も見送りました。それに、長期の返済計画と将来の親の介護も考えると、2人目の子供もあきらめようと、夫婦で決めました建物についは、私の夢だった書斎も妻の夢だった家事コーナーも我慢。
延床面積を出来るだけ削って設備も最低限として設計打ち合わせも進んでいき、良い分譲地に土地も見つかって契約出来るところまできました。
業者から、ご実家を売るなら是非欲しいという方がいるという報告も受けました。
しかし、親に自宅の売却したお金1,700万円と老後資金の1,000万円を使わせて、夫婦の家に対する夢もあきらめての2世帯住宅の計画に、疑問は残りました。
正直な話近居で、同じマンションに住むことも提案しようかとも考え始めていました。

間取りを単純にする両親は家を売って、分譲マンションに買い替え、我々夫婦は同じマンションの賃貸であれば、雨にもぬれずにお互いの家を行き来でき、必要に応じて助け合うことも出来ます。
いろんなものをあきらめてまで、そのうえ多額の借入金返済に縛られて、身動き出来ない生活は受け入れたくない。そんな思いを抱えていました。
近居とは、車や電車、自転車、徒歩など交通手段を問わずに、比較的気軽に行き来ができる約30分以内の近さに親世帯とそして、働くむすめやむすこの子育てや生き方を支えよう、というのが育孫。3世代のよりよい暮らしのために提案する形です。
子世帯が暮らす形。
お互いがサポートしあい、交流を楽しめる暮らし方です。
新たに土地を買って、両親の自宅は賃貸するブラン岩宗:もう一つの選択肢はどうだったのですか?
伊藤:土地を買って、実家は人に貸すという考え方ですが、実家を売らずに貸家にするという計画は、両親の自己資金が幾らになるか?いくらで貸せるか?という2点を確認する事からスタートしました。
両親に聞いてみると、自宅を売却しない場合は、建て替えと同じで自己資金として1,000万円が限界。
それ以上のお金を使ってしまうと、自分達の老後資金が心配だから出すことが出来ない。
という返事でした。
大手企業の膨大な経費を商品の価格に含め
大手企業の膨大な経費を商品の価格に含め

大手のハウスメーカーにはだ

家具を作って暮らす資金計画の前に、貸家にした場合の賃料を不動産業者に聞いてみると「10万円位で貸せますが、リフォーム費用が掛かることと、入居者が途中で入らなくなる場合や賃料不払いなどの不安を理解したうえで、方がいいですよ」。という説明を受け。リスクはとりたくないという両親の判断で、建て替えと買い替えで結論を出すことにしました。
しかし、私の「これで本当にいいのか?」という想いは、強くなっていました。
決めた
妻に話をしてみると「私も、返済計画など現実を知ってみると、ブランも我慢ばかりだし疑問を感じている」と言っていました。
妻は、友人から「家を買って貰いなさよ」と助言を受けているそうです。理由を聞いてみると、妻の友人のご主人は、賃貸派で家を買うことなく他界。
今後は「私が家賃を払い続けなくてはならない」し、高齢になった場合は、アパートに入るのも難しくなるからと、1LDKの分譲マンションを友人は探しているのだそうです。

家の外壁はサイディングといい

主人が生前に買っていれば、ローンの借り入れは、主人の死亡でゼロになり、家賃の心配も不要。どうしてもお金がいるときは売ることも出来たのに。と言って、「あなたは家を買って貰いなさいよ」と、友人は強く言うのだそうです。
なるほど。と、納得しました。妻は「奥様方の本音でしょうね」と言っていましたが、生命保険でカバーする方が有利と自分の考えを話してくれました。
そして、「あなたが納得し、かないなら無理して、家を持つ必要はない」と、言ってくれた言葉は嬉しかったです。
同じマンションの別のフロアで暮らす岩宗:それからどうされたのですか?
伊藤:実は、もう一つの選択肢について検討することにしました。
それは、近居という選択です。考えてみれば両親の望みは一緒に暮らす事ではなくて、近くに住んで貰って安心したいという事でした。
私達は、両親に思い切って、自分たちの想いをぶつけてみました。
両親に話した内容は、建て替え計画も買い替え計画にも納得できない。
そして、多額のローンを長期返済することになるなら家はいらない。
という2点です。
近居について検討してみたいと告げると。これを行うことで暮らし方や暮らしの場合


LEDイルミネーション 家の様子や農作業用具なども展示されて マンションに移り住むケース